「CB 工具管理」を利用した持出し・返却の流れ

「CB 工具管理」を利用した持出し・返却の概要は以下の通りです。


  1. マスターデータを「CB 工具管理」に反映します。
    マスターデータ受信」にて「Convi.BASE」から最新のデータを受信します。
    ※ただし、マスターデータに変更がない場合、実施する必要はありません。

  2. 物品を持出します。
    持出し」にて持出しを行なう物品のバーコード、およびICタグをスキャンして持出し情報を記録します。

  3. 物品を返却します。
    返却」にて返却する物品のバーコード、およびICタグをスキャンして返却情報を記録します。また、「持出し」情報と突合し、返却漏れがないかを確認します。

  4. 持出し・返却記録を「Convi.BASE」に反映します。
    Convi.BASE」に送りたいタイミングで持出し・返却記録を送ることができます。
    持出し返却データ送信」にて、蓄積された持出し・返却記録が 持出し返却記録テーブルに反映されます。

results matching ""

    No results matching ""