棚卸しの実施(管理ラベルの読み取り)

データコレクターを使用して、棚卸し対象物品の管理ラベルのバーコード読み取ります。
バーコードで読み取ったデータが棚卸しの実績になります。


データコレクターによるバーコードの読み取りは、実施場所ごとに行ってください。
実施場所ごとに行うことで、読み取り結果の登録が簡単に行えます。


データコレクターの使用方法は以下のマニュアルを参照ください。
Convi.BASE データコレクターユーザーガイド


  1. 棚卸し対象物品に貼付された管理ラベルのバーコードを読み取ります。

  2. 一つの棚卸し単位(「実施場所」「利用状況」「担当者」)で棚卸しを行ったら、読み取った結果を取り込みます。

results matching ""

    No results matching ""