読取り結果を取込む

データコレクタで棚卸しした結果を階層ごとに取込みます。

  1. データコレクタとパソコンを USB ケーブルで接続します。

  2. Convi.BASE にアクセスします。

  3. 物品ビューを開きます。
    ここでは例として、「物品」を開きます。
    画面キャプチャ:物品ビューが枠線で囲まれている

  4. []をクリックし、[棚卸し一括報告]を選択します。
    画面キャプチャ:棚卸し一括報告までの動線を示している

  5. キーボードの日本語入力モードが、オフになっていることを確認します。

  6. 「取込みデータ」欄をクリックし、データコレクタのスキャンキーを長押しします。
    「取込みデータ」欄に読取り結果が入力されます。
    画面キャプチャ:「取込みデータ」が枠線で囲まれている

    有線バーコードスキャナーを使った棚卸しと併用できます。
    有線バーコードを使った棚卸し

  7. 棚卸しを実施した場所や利用状況、担当者を入力します。
    画面キャプチャ:階層を入力する欄が表示されている

  8. [取り込む]をクリックします。

  9. データコレクタ内の棚卸し結果を消去します。
    データコレクタ内の棚卸し結果は、読取り結果を取込んでも自動で消去されません。
    消去手順の詳細は、バーコードスキャナー付属のマニュアル、または次のメーカーの Web サイトのマニュアルを参照してください。
    itecs | OPN-2102i/n OPN-3102i/n 取扱説明書

  10. すべての場所/利用状況/担当者で棚卸しが完了するまで、ラベルの読取りと読取り結果の取込みを繰り返します。

有線バーコードを使った棚卸し

有線バーコードを使った棚卸しでは、有線バーコードとパソコンを接続してその場でラベルを読取ります。
データコレクタでの棚卸し結果の取込みと、併用して利用できます。

棚卸しする実施場所や物品の利用状況、棚卸し担当者ごとに、棚卸しを行なってください。

  1. データコレクタとパソコンを USB ケーブルで接続します。

  2. Convi.BASE にアクセスします。

  3. 物品ビューを開きます。
    ここでは例として、「物品」を開きます。
    画面キャプチャ:物品ビューが枠線で囲まれている

  4. []をクリックし、[棚卸し一括報告]を選択します。
    画面キャプチャ:棚卸し一括報告までの動線を示している

  5. キーボードの日本語入力モードが、オフになっていることを確認します。

  6. 「取込みデータ」欄をクリックし、有線バーコードで物品のラベルのバーコードをスキャンします。
    「取込みデータ」欄に読取り結果が入力されます。
    入力される日時は、使用しているパソコンの日時です。 画面キャプチャ:「取込みデータ」が枠線で囲まれている

  7. 棚卸しを実施した場所や利用状況、担当者を入力します。
    画面キャプチャ:階層を入力する欄が表示されている

  8. [取り込む]をクリックします。

  9. すべての場所/利用状況/担当者の棚卸しが完了するまで、操作を繰り返します。
    棚卸しを実施する(ラベルの読取り)

results matching ""

    No results matching ""