棚卸しの流れ

データコレクタを使った棚卸しでは、棚卸し対象に設定された物品のラベルをデータコレクタで読取り、物品が存在する場所の情報や利用状況を記録します。

棚卸し管理者と実施者が行なうこと

棚卸しでは、棚卸し管理者と棚卸し実施者がそれぞれ次のような作業を行ないます。

棚卸し管理者

Web ブラウザーの Convi.BASE(Web 版)を操作して、棚卸しイベントを作成して棚卸しを開始します。
棚卸しが終わったら、棚卸し結果を物品情報に反映します。

棚卸し実施者

物品のラベルをデータコレクタで読取って、棚卸しを実施します。
ラベルを読み終わったら、Web 版から読取った結果を取込みます。

操作の流れ

  1. 棚卸し管理者(Web 版)
    棚卸しイベントを追加し、棚卸しイベントを開始します。

  2. 棚卸し管理者(Web 版)
    棚卸しを実施する物品を、棚卸し対象に設定します。 棚卸し対象を設定する

  3. 棚卸し実施者(データコレクタ) 棚卸し対象の物品のラベルを読取ります。
    ラベルの読取りは、実施場所/利用状況/担当者ごと(棚卸し階層ごと)に行ないます。
    棚卸しを実施する(ラベルの読取り)

  4. 棚卸し実施者(データコレクタ/Web 版)
    1 つの棚卸し階層で棚卸しが終わったら、データコレクタとパソコンを接続し、棚卸し結果を Web 版に取込みます。
    読取り結果を取込む

  5. 棚卸し実施者(データコレクタ/Web 版)
    すべての棚卸し階層で、ラベルの読取りと棚卸し結果の取込みを行ないます。

  6. 棚卸し管理者
    棚卸し実施者の棚卸し状況を確認します。
    棚卸しをしていない物品が残っていれば、担当する棚卸し実施者に連絡して、棚卸しを依頼します。
    棚卸し未実施一覧を確認する

  7. 棚卸し管理者
    棚卸しする物品がすべて棚卸しされたら、棚卸し読取り結果を物品に反映します。
    棚卸し読取り結果を反映する

  8. 棚卸し管理者
    棚卸しを完了します。
    棚卸しを完了する

results matching ""

    No results matching ""