目視棚卸し環境設定

目視棚卸しに必要な環境設定について説明します。

マルチアプリケーションを利用している場合は、先に工具管理を実施するアプリケーションを選択してください。

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「アプリケーション設定」セクションで、[目視棚卸し]をクリックします。
    画面キャプチャ:目視棚卸しが枠線で囲まれている

  3. 目視棚卸しの設定項目を入力します。
    1-1-1

    • 備考を追加する
      目視棚卸しで、メモを記録できるようになります。
      画面キャプチャ:目視棚卸しを登録するときの画面で備考が表示されている
    • 採用時に物品側に反映する項目
      「備考」に入力した内容を反映する、物品テーブルの管理項目を指定します。
      指定しない場合には、「備考」に入力した内容は「棚卸し実施状況」画面の「備考」にのみ登録され、物品テーブルには反映されません。
  4. [保存する]をクリックします。

results matching ""

    No results matching ""