SAML 認証

Security Assertion Markup Language(SAML)認証を設定すると、Identity Provider(IdP)に登録されたユーザーアカウントを使って、Convi.BASE にシングルサインオンできます。

シングルサインオンを導入すると、異なるサービスにひとつのアカウントでログインできるようになります。
アカウントが一元化されるため、サービスによって異なる ID やパスワードを発行する必要がなく、情報システム部門においてアカウントを管理しやすくなります。

results matching ""

    No results matching ""