SAML 認証を設定する

Security Assertion Markup Language(SAML)認証を設定すると、Identity Provider(IdP)に登録されたユーザーアカウントを使って、Convi.BASE にシングルサインオンできます。

シングルサインオンを導入すると、異なるサービスに 1 つのアカウントでログインできるようになります。
アカウントが一元化されるため、サービスによって異なる ID やパスワードを発行する必要がなく、情報システム部門においてアカウントを管理しやすくなります。

  • Convi.BASE で SAML 認証を設定するには、SAML 2.0 に対応している IdP が必要です。
    Convi.BASE は、サービスプロバイダー(SP)として動作します。
  • このページでは、構築済みの IdP と連携する方法を説明しています。
    IdP の構築方法は、IdP を提供するベンダーにお問い合わせください。

SAML 認証を設定する

手順 1:IdP に Convi.BASE の情報を登録する

IdP に Convi.BASE の情報を直接入力する方法と、メタデータファイルを使って登録する方法があります。

方法1:Convi.BASE の情報を直接入力する

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「組織設定」セクションで、[SAML 認証]をクリックします。
    画面キャプチャ:SAML認証が枠線で囲まれている

  3. 「IdP(Identify Provider)側の設定」に記載されている情報に基づいて、IdP に Convi.BASE の情報を設定します。

    画面キャプチャ:IdP に登録する情報が表示されている

    • 識別子(エンティティID)
      SP を一意に特定するための ID です。
    • 応答 URL
      SP のエンドポイント URL (ACS)です。
  4. 手順 2 に進みます。

方法2:メタデータファイルを使って登録する

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「組織設定」セクションで、[SAML 認証]をクリックします。
    画面キャプチャ:SAML認証が枠線で囲まれている

  3. [SP メタデータをダウンロード]をクリックします。
    画面キャプチャ:SP メタデータをダウンロードが枠線で囲まれている

  4. 出力されたメタデータファイル(XML 形式)を使って、IdP に Convi.BASE の情報を登録します。

  5. 手順 2 に進みます。

手順 2:Convi.BASE に IdP の情報を登録する

IdP の情報を直接入力する方法と、メタデータファイルを使って登録する方法があります。

方法1:Convi.BASE の情報を直接入力する

  1. 「SAML 認証を有効にする」のチェックボックスを選択します。
    画面キャプチャ:SAML 認証を有効にするが選択されている

  2. 「SSO エンドポイント URL」に、SAMLリクエストの送信先を設定します。
    画面キャプチャ:SSO エンドポイント URL が枠線で囲まれている

  3. 「証明書」に、IdP が署名に使用する公開鍵の証明書ファイル(X.509)を添付します。
    画面キャプチャ:証明書が枠線で囲まれている

  4. [保存する]をクリックします。

    画面を閉じずに、手順3 に進んでください。

方法2:メタデータファイルを使って登録する

  1. IdP のメタデータファイル(XML 形式)を準備します。

  2. 「SAML 認証を有効にする」のチェックボックスを選択します。
    画面キャプチャ:SAML 認証を有効にするが選択されている

  3. [IdP メタデータをアップロード]をクリックして、IdP のメタデータファイルをアップロードします。
    画面キャプチャ:IdP メタデータをアップロードが枠線で囲まれている

  4. [保存する]をクリックします。

    画面を閉じずに、手順3 に進んでください。

手順 3:シングルサインオンでログインできることを確認する

  1. 別の Web ブラウザーを開き、Convi.BASE にアクセスします。

  2. [ログイン]をクリックします。
    画面キャプチャ:ログインが枠線で囲まれている

  3. ログイン後の画面が表示されることを確認します。

証明書を更新する

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「組織設定」セクションで、[SAML 認証]をクリックします。
    画面キャプチャ:SAML認証が枠線で囲まれている

  3. 「証明書」の[ファイルを選択]をクリックし、新しい証明書を指定します。 画面キャプチャ:ファイルを選択ボタンが枠線で囲まれている

  4. [保存する]をクリックします。

    画面を閉じずに、次の手順に進んでください。

  5. 別の Web ブラウザーを開き、Convi.BASE にアクセスします。

  6. [ログイン]をクリックします。
    画面キャプチャ:ログインが枠線で囲まれている

  7. ログイン後の画面が表示されることを確認します。

results matching ""

    No results matching ""