アップサート設定における注意点

アップサートをする際の制約、および注意点を説明します。


「インサートビュー」、「アップデートビュー」に表示されるビュー

アップサート設定で「インサートビュー」、「アップデートビュー」に指定できる(選択肢に表示される)ビューは次の通りです。

ビューの条件指定あり表示
データ表示条件ビュー
ログインメンバー条件ビュー
結合ビュー×
参照権限がないビュー、テーブル×

ファイル型項目をアップサートする場合

制約(主キー、ユニーク、最大長、最小長、ファイル型など)のかかったファイル型項目をアップサートする場合、正常に動作しないことがあります。 アップサートでファイル型を利用したい場合は、制約を指定しないでください。

初期値の設定

初期値設定が行われている項目がアップサートされた場合は、次の通りです。

初期値設定表示
アップデート側インサート側
ありなしアップデート、インサートしたレコードともに初期値は反映されません。
アップデート側の初期値設定はアップサート時に反映されません。
なしあり アップデート側は初期値が反映されず、インサート側だけに初期値が反映されます。
インサート側の初期値設定はアップデートビューには反映されません。

アップサートビューの項目設定

アップサートで利用する「アップデートビュー」、「インサートビュー」の項目は、すべて「追加可」「編集可」を ON にしてください。

ビューに表示できないデータをアップサートしようとした場合

インサートビューにデータ表示条件、ログインメンバー条件が設定されており、アップサート時にビューに表示できないデータを作成しようとした場合、 アップデートビューは更新されますが、インサートビューには登録されません。
アップサート時にインサートビューに表示できないデータを作成しないようにしてください。

アップサート履歴を残す場合

アップサート時の履歴を残したい場合は、「インサートビュー」、「アップデートビュー」両方のビューの 元になるテーブルの「履歴ポリシー」-「履歴の記録」を「記録する」に設定してください。

results matching ""

    No results matching ""