棚卸し情報の入力

ここでは棚卸しを実施する担当者や配置場所などの情報を入力します。

以下の画面は『資産棚卸し支援アプリケーション』の初期設定を利用したイメージです。

実際にはご利用になる環境や設定により名称等は変化しますのでご注意ください。
(ここでは、棚卸し階層項目を「部門」「建物」「フロア」「エリア」の4階層、「担当」を「棚卸し担当者」とします。)


  1. バーコードハンディターミナルの電源を入れます。(「PW(電源)」キーを長押し)

  2. 棚卸しを実施する「担当」を選択します。

    なお、ここで選択できる担当者は「棚卸し担当者」の選択肢に設定されている全ユーザーです。

  3. 棚卸しを実施する1階層目(ここでは「部門」)を選択します。

    管理部門」に登録された部門名称の中からチェックを入れた値が選択対象になります。

  4. 棚卸しを実施する2階層目(ここでは「建物」)を選択します。

    建物」に登録された建物名称の中からチェックを入れた値が選択対象になります。

  5. 棚卸しを実施する3階層目(ここでは「フロア」)を選択します。

    フロア」に登録されたフロア名称の中からチェックを入れた値が選択対象になります。

  6. 棚卸しを実施する4階層目(ここでは「エリア」)を選択します。

    エリア」に登録されたエリア名称の中からチェックを入れた値が選択対象になります。

results matching ""

    No results matching ""