貸出しに関する設定

貸出しの設定を変更する方法を案内します。

操作手順

マルチアプリケーションを利用している場合は、先に貸出しを実施するアプリケーションを選択してください。

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「アプリケーション設定」セクションで、[貸出し]を選択します。

  3. 設定項目を変更します。詳細は、貸出しの設定項目を参照してください。

  4. [保存する]をクリックします。

貸出しの設定項目

基本設定

貸出しや予約期間に関する項目を設定します。

デフォルト貸出し期間(日)

画面キャプチャ:「デフォルト貸出し開始日」が表示されている

返却予定日の初期日付を、貸出し開始日から何日後にするかを指定します。
たとえば「5」を設定した場合、返却予定日の初期日付は貸出し開始日から 5 日後が設定されます。

警告を出す貸出し期間(日以上)

画面キャプチャ:「警告を出す貸出し期間」が表示されている

モバイル版では、貸出し期間が長い場合、貸出しするときに警告を表示できます。
たとえば「30」を指定した場合、貸出し日から 30 日以上後に「返却日」を設定して貸出ししようとすると警告が表示されます。 警告を表示しない場合には、「0」を指定してください。

予約時のデフォルト貸出し開始日(日後)

画面キャプチャ:「予約時のデフォルト貸出し開始日」が表示されている

予約をする場合に、貸出し開始日の初期日付を、本日から何日後にするかを指定します。
たとえば「7」を指定した場合、貸出し開始日は本日から 7 日後似設定されます。

貸出し情報テーブル

貸出し情報に関する項目を設定します。

貸出し情報テーブル

画面キャプチャ:「貸出し情報テーブル」が表示されている

貸出しの履歴を記録するテーブルを指定します。
貸出し設定をする前に、テーブル設定で、貸出し情報のための管理項目を設定してください。
テーブルの管理項目を設定する

貸出し機能を利用しない場合は、テーブルを未選択にします。

予約フラグ項目

画面キャプチャ:「予約フラグ項目」が表示されている

予約フラグ用の管理項目を指定します。
予約機能を利用しない場合は、項目を未選択にします。

物品テーブル

物品情報に関する項目を設定します。

貸出し状況項目

画面キャプチャ:「貸出し状況項目」が表示されている

貸出し状況の選択肢を指定します。
貸出し機能を利用する場合は、必ず指定してください。
選択肢リストの項目の設定方法は、選択肢管理を参照してください。

貸出し可能とみなすステータス

画面キャプチャ:「貸出し可能とみなすステータス」が表示されている

貸出し状況のうち、貸出し可能とみなすステータスを指定します。複数指定できます。
この設定項目で選択されたステータスの物品のみ貸出しできます。

貸出し中とみなすステータス

画面キャプチャ:「貸出し中とみなすステータス」が表示されている

貸出し状況のうち、貸出し中とみなすステータスを指定します。複数指定できます。
貸出し処理をすると、貸出しステータスはこの設定項目で選択した一番上にあるステータスに設定されます。

返却とみなすステータス

画面キャプチャ:「返却とみなすステータス」が表示されている

返却処理をすると、貸出しステータスはこの設定項目で選択したステータスに設定されます。

返却された物品をメンテナンスしてから貸出ししたいなど、返却後すぐに貸出ししたくない場合には、「(貸出し可能とみなすステータスの先頭の値)」以外を選択してください。

貸出し備考反映項目

画面キャプチャ:「貸出し備考反映項目」が表示されている

貸出し時の「備考」や「メモ」に記入した内容を反映する物品の管理項目を指定します。

返却備考反映項目

画面キャプチャ:「返却備考反映項目」が表示されている

返却時の「備考」や「メモ」に記入した内容を反映する管理項目を指定します。

利用する物品ビュー

画面キャプチャ:「利用する物品ビュー」が表示されている

貸出しや返却に利用する物品ビューを選択します。
貸出し処理をするすべての利用者が、データを閲覧または編集できるビューを選択してください。

「(物品ビュー選択をスキップしない)」を選択した場合は、Web 版およびデスクトップ版以外のアプリケーションで、利用者が物品ビューを選択できます。

担当者テーブル

予約や貸出しの担当者に関する項目を設定します。

担当者テーブル

画面キャプチャ:「担当者テーブル」が表示されている

貸出し機能を利用する担当者の情報を登録したテーブルを選択します。
貸出し機能を利用する場合は、必ず指定してください。

担当者コード項目

画面キャプチャ:「担当者コード項目」が表示されている

担当者のバーコードを読取ったときの、担当者コードを示す管理項目を指定します。
貸出し機能を利用する場合は、必ず指定してください。

担当者の識別子項目

画面キャプチャ:「担当者の識別子項目」が表示されている

担当者を示す管理項目を指定します。
指定した管理項目の値が、貸出し情報テーブルに記録されます。
「担当者コード項目」と同じ管理項目を指定できます。
貸出し機能を利用する場合は、必ず指定してください。

Web の設定

Web 貸出しに関する項目を設定します。

Web 貸出し機能を有効にする

画面キャプチャ:「Web 貸出し機能を有効にする」が表示されている

有効にすると、Web ブラウザー上から貸出しと返却を実施できます。
設定を反映するには、Convi.BASE にログインし直してください。

モバイルの設定

モバイル版貸出しに関する項目を設定します。

ログインメンバーを担当者に自動設定する

画面キャプチャ:「ログインメンバーを担当者に自動設定する」が表示されている

有効にすると、予約や貸出しなどの処理で、メンバーの情報が自動で入力されます。
この機能を有効にする場合は、「担当者テーブル」の設定で、ログインに利用するテーブルを指定してください。

画面キャプチャ:「予約時の検索項目」が表示されている

物品の予約情報を検索するときの物品の管理項目を指定します。
複数指定できます。

デスクトップの設定

デスクトップ版に関する項目を設定します。

一覧の表示項目

画面キャプチャ:「一覧の表示項目」が表示されている

貸出し管理画面や返却管理画面で表示する物品の管理項目を指定します。 複数指定できます。

results matching ""

    No results matching ""