ビューを作成する

ビューとは、テーブルから、必要な項目だけを取り出したり表示するデータを絞り込んだりして作る一覧です。
ラベル未発行のデータだけに絞り込むなど、何度も使用するフィルター条件は「ビュー」として作成して保存すると、次回以降スムーズに目的のデータを表示できます。
また、2 つのテーブルのデータを結合したビューや、ログインしたメンバーによって表示するデータが変わるビューも作成可能です。

手順

ここでは、ログインしたメンバーが所属する部門の管理物品だけを表示するビューについて、その作成手順を説明します。
前提として、それぞれのテーブルに次の項目があるものとします。

  • 物品テーブル:物品を管理している部門を示す項目(ここでは「管理部門」)
  • メンバーテーブル:メンバーが所属する部門を示す項目(ここでは「所属部門」)
  1. [ビュー管理]をクリックします。
    画面キャプチャ:[ビュー管理]が枠線で囲まれている

  2. [新しいビュー]をクリックします。
    画面キャプチャ:[新しいビュー]が枠線で囲まれている

  3. 「名称」にビューの名前を入力します。
    他のテーブルやビューと同じ名前をつけることはできません。
    画面キャプチャ:「名称」が枠線で囲まれている

  4. 必要に応じて「備考」を入力します。
    画面キャプチャ:「備考」が枠線で囲まれている

  5. [次へ]をクリックします。

  6. 「ビューの元テーブル・ビュー」を指定します。
    ここでは「物品」を選択します。
    画面キャプチャ:「ビューの元テーブル・ビュー」が枠線で囲まれている

  7. 「結合するテーブル・ビュー」は空のままにします。

  8. [次へ]をクリックします。

  9. 「項目設定」で、ビューに表示する項目を設定します。
    不要な項目があれば、項目横のチェックボックスを選択し、[×]をクリックします。
    画面キャプチャ:「項目設定」が枠線で囲まれている

  10. [次へ]をクリックします。

  11. 「データ表示条件」は空のままで、[次へ]をクリックします。

  12. [ログインメンバー条件]をクリックします。
    画面キャプチャ:[ログインメンバー条件]が枠線で囲まれている

  13. 次のように選択します。

    • 項目:管理部門
    • 値:所属部門

    画面キャプチャ:ログインメンバー条件が設定されている

  14. [保存する]をクリックします。

results matching ""

    No results matching ""