Convi.BASE における棚卸しの流れ

棚卸しとは、ある時点における、固定資産などの物品の所在や利用状況を確認する作業です。
Convi.BASE では、物品に貼り付けられたラベルを読取ったり、Web 画面に物品の利用状況を入力したりすることで棚卸しをします。

Convi.BASE では、次の流れで棚卸しを実施します。

  1. 棚卸し管理者:棚卸しイベントを追加し、「棚卸しイベント」を開始します。
    棚卸しイベントとは、棚卸し作業の期間を決めて実際に棚卸しする単位のことです。
    棚卸しイベントを作成して開始すると、ラベルを読取って物品の所在情報を登録したり Convi.BASE のデータと照合できるようになります。

  2. 棚卸し管理者:物品の設置場所や利用状況を確認する物品を、棚卸し対象物品に設定します。

  3. 棚卸し実施者:棚卸し対象に設定した物品の情報を、ラベルを読取る端末に送信します。

  4. 棚卸し実施者:棚卸しを実施します。
    棚卸し対象の物品に貼り付けられたラベルを読取り、そのときの物品の設置場所や利用状況を入力します。

    実施する手順は、読取る端末によって異なります。

    また、Web ブラウザーから棚卸しの結果を入力することもできます。
    操作方法は、Convi.BASE 目視棚卸しユーザーガイドを参照してください。

  5. 棚卸し実施者:読取りが終わったら、読取り結果を Convi.BASE に送信します。
    送信する手順は、読取る端末によって異なります。
    読取る端末によっては、Convi.BASE から受信作業を行なうこともあります。

  6. 棚卸し実施者、棚卸し管理者:棚卸しが行なわれていない物品を確認します。
    未実施の物品が残っていたら、再度棚卸し担当者が棚卸しを実施します。

  7. 棚卸し管理者:物品をすべて棚卸ししたら、確認した物品の所在を物品情報に反映するかどうかを判定します。

  8. 棚卸し管理者: 棚卸し結果を物品データに反映し、棚卸しを完了します。

results matching ""

    No results matching ""