棚卸し完了

棚卸しを完了します。
棚卸しを完了することで、棚卸しした内容で物品の更新が行なわれます。
また、緑の鍵マークが外れ、棚卸し対象物品の編集、削除が可能になります。


棚卸しイベントを完了するには、次の2つのいずれかの方法で実施します。

  • 「棚卸し管理」画面から「棚卸し実施状況」画面を表示して、棚卸し完了する
  • すべての物品を表示できるビューから、「棚卸し実施状況」画面を表示して棚卸し完了する

ここでは、「棚卸し管理」画面から棚卸しイベントを完了する方法を説明します。

  1. 棚卸し実施状況画面で「棚卸しを完了」ボタンをクリックします。 7-21

  2. 完了する」ボタンをクリックします。 7-22

  3. 履歴ポリシーの「履歴の記録」の設定で「記録する」が選択されている場合には、「履歴の記録」ダイアログが表示されます。
    「メモ1」「メモ2」を入力して[記録する]をクリックするか、または[記録しない]をクリックします。
    入力した内容は、インポートするすべてのデータの履歴に反映されます。
    スクリーンショット:「履歴の記録」ダイアログ

  4. 棚卸しが完了されます。 7-25

  5. 棚卸し管理」より「棚卸しイベント」を確認すると、該当棚卸しの状態が「完了」になります。 7-26

  6. 棚卸しが完了すると、棚卸し対象物品のロック(緑色の鍵マーク)が外れ、編集可能になります。 7-28

  7. 物品への反映は、対象物品の「履歴情報」より確認可能です。 履歴情報についてはユーザーガイドを参照ください。 7-27
    以上で棚卸しは完了です。

棚卸し未実施物品の扱い

棚卸しイベントを完了するときに、次のメッセージが表示される場合には、棚卸しを実施していない物品があります。

必要に応じて、棚卸しを行なってください。
未実施のまま、棚卸しを完了することもできます。
未実施のまま棚卸しを完了すると、棚卸し結果に「不明品」として登録されます。
物品情報には、棚卸し結果は反映されません。

棚卸し未実施物品を確認する

[n 件の未実施物品」をクリックすると、未実施一覧を確認できます。

results matching ""

    No results matching ""