表示する項目の表示・非表示を切り替える/並び順を変更する

ビューに表示する管理項目の一部を非表示にしたり、管理項目の並び順を変更することができます。
この設定は、メンバーごとの設定として保存されます。

マルチアプリケーションを利用している場合は、「アプリケーション選択」画面が表示されます。
使用するアプリケーションを選択してください。

  1. 管理項目の表示/非表示を設定したり、並べ替えをするビューをクリックします。
    ここでは、例として「物品管理テーブル」を選択します。 画面キャプチャ:目的のビューが枠線で囲まれている

  2. [項目設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:[項目設定]が枠線で囲まれている

  3. 表示する管理項目を選びます。
    「利用可能な項目」から表示する管理項目を選択し、[<]をクリックします。
    複数の項目を同時に操作する場合には、Ctrl キーを押しながら管理項目をクリックします。
    画面キャプチャ:表示する管理項目名と操作するボタンが枠線で囲まれている
    選択した管理項目が「選択された項目」に移動します。 画面キャプチャ:表示する管理項目が「選択された項目」に表示されている

    ビューから項目を非表示にしたい場合には、「選択された項目」に表示された管理項目を選択し、[>]をクリックします。
    複数の管理項目を同時に操作する場合には、Ctrl キーを押しながら管理項目をクリックします。 画面キャプチャ:非表示する管理項目と操作するボタンが枠線で囲まれている
    選択した管理項目が「利用可能な項目」に戻ります。
    画面キャプチャ:非表示する管理項目が「選択された項目」に表示されている

    すべて「利用可能な項目」に戻す場合には、[クリア]をクリックします。
    すべてのビューが「利用可能な項目」にある場合、すべての項目がビューに表示されます。

  4. 管理項目の順番を並べ替える場合には、「選択された項目」で管理項目をクリックし、並べ替えボタンをクリックします。
    それぞれの並べ替えボタンでできることは、並べ替えボタンを確認してください。 画面キャプチャ:並べ替えする項目の名前と操作するボタンが枠線で囲まれている
    管理項目の順番が変わります。
    画面キャプチャ:任意の順で並べ替えられてる

  5. [保存する]をクリックします。
    画面キャプチャ:保存するが枠線で囲まれている

ビューには、「選択された項目」に移動した管理項目だけが表示され、設定した並び順が適用されます。
画面キャプチャ:目的の管理項目だけが表示されている

並べ替えボタン

表示する管理項目を並べ替えるボタンでは、それぞれ次の操作ができます。

アイコン できる操作
先頭に移動するアイコン 選択した管理項目を先頭に移動します。
上に移動するアイコン 選択した管理項目を現在の位置から 1 つ上に移動します。
下に移動するアイコン 選択した管理項目を現在の位置から 1 つ下に移動します。
末尾に移動するアイコン 選択した管理項目を末尾に移動します。

ファイルのサムネイルを表示しないようにする

ファイル型の項目で、サムネイル画像を表示しないようにするには、次の手順で設定します。

  1. データを確認するビューをクリックします。
    ここでは、例として「物品管理テーブル」を選択します。 画面キャプチャ:目的のビューが枠線で囲まれている

  2. [項目設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:[項目設定]が枠線で囲まれている

  3. 「プレビュー画像」のチェックボックスの選択を外します。
    画面キャプチャ: 「プレビュー画像」のチェックボックスが選択されていない

  4. [保存する]をクリックします。
    画面キャプチャ: [保存する]が枠線で囲まれている

results matching ""

    No results matching ""