保存したインポート定義を使用して、データを一括で追加/更新する

「インポート定義」を利用すると、過去に行なったインポートの設定を使用して、データを一括で追加/更新(インポート)できます。
このページでは、保存したインポート定義を使用して CSV などのファイルからインポートする手順を説明します。

インポート定義を使用してインポートする場合には、インポートするデータの項目数や項目の順番、およびファイルの形式がインポート定義と一致している必要があります。
インポート定義と異なる形式のファイルをインポートする場合や、項目数や項目の順番が一致するかどうかがわからない場合には、インポート定義を使用せずにインポートしてください。
詳細は、データを一括で追加/更新(インポート)するを参照してください。

  1. [インポート管理]をクリックします。 画面例

  2. 利用するインポート定義をクリックします。 画面例

  3. インポート定義とインポートするファイルの書式があっていることを確認し、[インポートを実行]をクリックします。 画面例

  4. [ファイルを選択]をクリックし、インポートするファイルを選択します。 画面例

  5. [アップロード]をクリックします。 画面例

  6. アップロードしたファイルの内容が正しく表示されていることを確認します。 画面例

  7. [次へ]をクリックします。

  8. インポートする内容を確認します。

    • インポート後のデータが異なっている管理項目は、「後」の色が変わります。
    • [>]をクリックすると、100件ずつページ送りできます。

    画面例

  9. [インポートする]をクリックします。 画面例

  10. 履歴ポリシーの「履歴の記録」の設定で「記録する」が選択されている場合には、「履歴の記録」ダイアログが表示されます。
    「メモ1」「メモ2」を入力して[記録する]をクリックするか、または[記録しない]をクリックします。
    入力した内容は、インポートするすべてのデータの履歴に反映されます。
    スクリーンショット:「履歴の記録」ダイアログ

    インポートが実行されます。

    • エラーが発生した場合は、すべてのデータの追加、更新が取り消されます。

    画面例

  11. インポートしたビューで、データが反映されていることを確認します。

results matching ""

    No results matching ""