ME 関数

ME 関数は、データが登録または更新されたときのユーザーの氏名、またはそのユーザーのメンバーテーブルの管理項目の値を返す関数です。
計算結果の型は、文字列、または引数で指定したメンバーテーブルの管理項目に応じます。

ME 関数を使うと、例えば次のような計算ができるようになります。

  • データの作成者を設定する
  • データの更新者を設定する

使い方

ME(メンバーテーブルの管理項目名)
引数 設定する値 説明 備考
メンバーテーブルの管理項目名 メンバーテーブルの管理項目名 メンバーテーブルで、指定した管理項目の値が返されます。 管理項目名を '(シングルクォート)で囲みます。
省略すると、氏名が返されます。

例えば、次の関数が計算値に設定されている場合に、メールアドレスが「taro-yamada@example.com」であるユーザーがデータを更新したとき、計算結果は「taro-yamada@example.com」になります。

ME('メールアドレス')

使用例

データの登録者を設定する

管理項目の「初期値」に ME() を設定すると、データが登録されたときのユーザーの氏名が反映されます。

画面例:データの登録者の設定

データの更新者を設定する

管理項目の「計算値」に ME() を設定すると、データが更新されたときのユーザーの氏名が反映されます。

画面例:データの更新者の設定

results matching ""

    No results matching ""