LOOKUP 関数

LOOKUP 関数は、指定した管理項目の値から、異なるビューにおけるデータの管理項目の値をコピーできる関数です。
計算結果の型は、コピーした管理項目に応じます。

LOOKUP 関数を使うと、例えば次のような計算ができるようになります。

  • 社員番号が一致する「氏名」を設定する

使い方

キーとなる値 を使って、参照元ビュー に指定したビューの 参照元ビューのキー管理項目 の値を参照します。
一致するデータがあれば、関数を設定している管理項目に、参照元ビューのコピー管理項目 の値がコピーされます。
一致するデータがなければ、見つからなかったときの値 が設定されます。

LOOKUP(参照元ビュー, 参照元ビューのキー管理項目, 参照元ビューのコピー管理項目, キーとなる値, 見つからなかったときの値)
引数 設定する値 説明 備考
参照元ビュー コピーされる管理項目が存在するビュー名 参照元のビューです。 ビュー名を'(シングルクォート)で囲みます。
マルチアプリケーションを利用している場合、指定できるビューは次のとおりです。
  • LOOKUP を設定しているビューと同じアプリケーションのビュー
  • メンバービューまたはメンバービューから作成したビュー
参照元ビューのキー管理項目 参照元ビューのキーとなる管理項目名 参照のキーとなる管理項目です。 管理項目名を '(シングルクォート)で囲みます。
参照元ビューのコピー管理項目 参照元ビューでコピーされる管理項目名 コピーされる管理項目です。 管理項目名を '(シングルクォート)で囲みます。
キーとなる値 文字列または数値
LOOKUP を設定したテーブルの管理項目
参照のキーとなる値です。 文字列を指定する場合は、値を '(シングルクォート)で囲みます。
管理項目を指定する場合は、「$項目名」のように、管理項目名の先頭に $(ドルマーク)を付けます。
見つからなかったときの値 数値または文字列 一致するデータが見つからなかったときに設定する値です。 文字列を指定する場合は、値を '(シングルクォート)で囲みます。

例えば、次の関数が「注文履歴」テーブルの「商品名」に設定されているとします。
LOOKUP を設定したテーブルの「コード」の値と、「商品マスター」ビューの「コード」の値が一致するデータがあった場合に、「商品名」の値がコピーされて設定されます。 一致するデータがなければ「未登録」が設定されます。

LOOKUP('商品マスター','コード','商品名',$商品コード,'未登録')

「商品マスター」が次のようなデータの場合、「注文履歴」の「商品コード」が 00002 のとき、LOOKUP を設定している管理項目にノートという値が設定されます。

コード 商品名 単価
00001 ボールペン 100 円
00002 ノート 150 円

使用例

社員番号が一致する「氏名」を設定する

「メンバーテーブル」に、「社員番号」「氏名」という管理項目があったとします。
管理項目の「氏名」に次の関数を設定すると、 データが更新されたときに、社員番号が一致する「メンバーテーブル」の「氏名」の値が反映されます。

LOOKUP('メンバーテーブル','社員番号','氏名',$社員番号,'未登録の社員番号です。')

画面例:メンバービューの「氏名」を設定する設定

results matching ""

    No results matching ""