項目に入力制約を設定する

項目には、次の入力の制約を設定できます。

選択肢を設定する方法は、項目に選択肢を設定するを参照してください。

手順

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「組織設定」セクションで、[テーブル]をクリックします。 画面キャプチャ:テーブルが枠線で囲まれている

  3. 制約を設定するテーブルをクリックします。
    ここでは、例として「追加テーブル1」を選択します。
    画面キャプチャ:制約を設定するテーブル名が枠線で囲まれている

  4. 制約を設定する項目について、[]をクリックしします。
    画面キャプチャ:▼ボタンが枠線で囲まれている

  5. 制約を設定します。
    管理項目の型によって、設定できる制約が異なります。
    それぞれの制約の詳細は、設定できる制約を参照してください。
    画面キャプチャ:制約が枠線で囲まれている

  6. [保存]をクリックします。

設定できる制約

桁数

管理番号型や枝番型の桁数を設定できます。
たとえば「5」を設定すると、管理番号は「00001」「00002」のように発番されます。

入力フォーマット

入力する値の書式を設定できます。
書式は正規表現で設定します。

最大値

数値や金額の最大値を指定できます。
たとえば「999」を設定すると、その項目に 999 を超える値は入力できなくなります。

最小値

数値や金額の最小値を設定できます。
たとえば「100」を設定すると、その項目に 100 よりも小さい値は入力できなくなります。

最大長

長さの最大値を設定できます。
たとえば「5」を設定すると、その項目に「abcdefg」「あいうえおか」「123456」のように 5 文字を超える文字は入力できなくなります。

入力する文字列の長さを固定にしたい場合には、「最小長」にも同じ数値を設定してください。
たとえば、「5文字しか入力させたくない」という場合には、「最大長」と「最小長」に「5」を設定します。

最小長

長さの最小値を設定できます。
たとえば「3」を設定すると、その項目に「a」「かき」「12」のように 3 文字よりも少ない文字は入力できなくなります。

入力する文字列の長さを固定にしたい場合には、「最大長」にも同じ数値を設定してください。
たとえば、「5文字しか入力させたくない」という場合には、「最大長」と「最小長」に「5」を設定します。

主キー

インポートをした場合に、主キーに設定された管理項目の値とファイルの値が一致するデータがあると、そのデータが上書きされます。
主キーは、複数の管理項目に設定できます。

必須項目

値の入力を必須にしたい場合に、設定します。

ユニーク

他のデータと重複する値を入力できないようにする場合に、設定します。

上限ファイルサイズ

登録するファイルのサイズの上限値を設定できます。
バイト単位で設定します。

results matching ""

    No results matching ""