項目の初期値を設定する

「初期値」を設定すると、データを新規追加したり複製したりしたときに、設定した値が値に反映されます。
たとえば、タイムスタンプ型の管理項目で、データが登録された日時を記録したい場合に、「初期値」を設定します。
初期値には、値または関数を指定できます。

制約で「必須項目」のチェックボックスを選択した場合には、必ず「初期値」を設定してください。
「メンバーテーブル」で、ログイン時の ID として使用される管理項目には、初期値を設定できません。

手順

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「組織設定」セクションで、[テーブル]をクリックします。 画面キャプチャ:テーブルが枠線で囲まれている

  3. 初期値を設定するテーブルをクリックします。
    ここでは、例として「追加テーブル1」を選択します。
    画面キャプチャ:初期値を設定するテーブル名が枠線で囲まれている

  4. 初期値を設定する項目について、[]をクリックしします。
    画面キャプチャ:▼ボタンが枠線で囲まれている

  5. 「初期値」を入力します。
    「初期値」には、値を指定する方法関数を指定する方法があります。
    画面キャプチャ:初期値が枠線で囲まれている

  6. [保存]をクリックします。

値を指定する

  • 文字列を指定する場合は、値を '(シングルクォート)で囲んで指定します。
    例:'未設定'
  • 数値や金額を指定する場合は、数字を指定します。
    例:1000
    ただし、インポートを使ってデータを登録した場合には、「初期値」に設定した値は無視され、「0」が設定されます。
  • 他の管理項目の値を参照する場合は、「$項目名」のように、管理項目名の先頭に $(ドルマーク)を付けます。
    例:$減価償却費

関数を指定する

複数の管理項目の値を合計したり、他のビューの値をコピーしたりといった、さまざまな計算ができます。
「初期値」に関数を設定すると、データを新規追加したときに関数の計算結果が反映されます。
関数の基本的な使い方や関数の詳細は、利用できる関数の一覧を参照してください。

results matching ""

    No results matching ""