REPLACE 関数

REPLACE 関数は、指定した文字列を異なる文字列に置換した値を返す関数です。
計算結果は、文字列で返されます。

REPLACE 関数を使うと、例えば次のような計算ができるようになります。

  • タイムスタンプを日付に変換する

使い方

元の文字列 に含まれる 置換前の文字列置換後の文字列 に置き換えた値を返します。

REPLACE(元の文字列, 置換前の文字列, 置換後の文字列)
引数 設定する値 説明 備考
元の文字列 文字列 置き換えの対象となる文字列です。 文字列を指定する場合は、値を '(シングルクォート)で囲みます。
管理項目を指定する場合は、「$項目名」のように、管理項目名の先頭に $(ドルマーク)を付けます。
置換後の文字列 文字列 置き換える前の文字列です。 値を '(シングルクォート)で囲みます。
置換後の文字列 文字列 置き換えた後の文字列です。 値を '(シングルクォート)で囲みます。

例えば、次の関数の計算結果は、「DFG0001」になります。

REPLACE('ABC0001','ABC', 'DFG')

使用例

タイムスタンプを日付に変換する

LEFT 関数の例 を参照してください。

results matching ""

    No results matching ""