詳細設定

テーブルの詳細設定を行います。

  1. [環境設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:環境設定が枠線で囲まれている

  2. 「組織設定」セクションで、[テーブル]をクリックします。 画面キャプチャ:テーブルが枠線で囲まれている

  3. 設定するテーブルをクリックします。
    ここでは、例として「物品管理テーブル」を選択します。
    画面キャプチャ:設定するテーブル名が枠線で囲まれている

  4. [詳細設定]をクリックします。
    画面キャプチャ:詳細設定が枠線で囲まれている

  5. 次の項目を設定します。

  6. 設定が完了したら、[保存する]をクリックします。

項目を二段表示する

項目グループをビューに表示するかどうかを設定します。
設定を有効にすると、管理項目名の上に項目グループが表示されます。
画面キャプチャ:ビューを閲覧する画面。項目グループが管理項目名の上に表示されている

項目グループは、ビューを追加編集するときの「項目設定」で設定します。

履歴の記録を強制する

必ず履歴を記録したい場合は、「履歴の記録を強制する」のチェックボックスを選択します。
ただし、履歴ポリシーの「履歴の記録」で「記録しない」を選択している場合、この設定は無視されて履歴は記録されません。

ソート

設定を有効にすると、指定した管理項目の値で、テーブルに表示されるデータを昇順または降順に並べ替えできます。
並べ替えに利用する管理項目を「ビューのソート指定」で指定し、並び順を「ソート方向」で指定します。

有効になっていない場合は、データは主キー制約が設定された項目の昇順で並べ替えられます。 この設定は Web 版のみで有効です。

results matching ""

    No results matching ""