ファイルにエクスポートする

ビューに表示されるデータを次の形式のファイルに出力します。

  • CSV ファイル
  • TSV ファイル
  • テキストファイル

マルチアプリケーションを利用している場合は、「アプリケーション選択」画面が表示されます。
使用するアプリケーションを選択してください。

  1. データをエクスポートするビューをクリックします。
    ここでは、例として「物品管理テーブル」を選択します。 画面キャプチャ:目的のビューが枠線で囲まれている

  2. エクスポートするデータを絞り込みます。
    詳しくは、フィルターを使ってデータを絞り込むを参照してください。
    エクスポートする管理項目を絞り込みたい場合には、表示する項目の表示・非表示を切り替える/並び順を変更する を参照してください。

  3. []をクリックします。
    画面キャプチャ: 目的のボタンが枠線で囲まれている

  4. [エクスポート]をクリックします。
    画面キャプチャ:[エクスポート]が枠線で囲まれている

  5. ファイルのフォーマット、文字コード、改行コードを選択します。
    それぞれの詳細は、ファイルの形式や文字コード、改行コードを参照してください。

    出力したファイルを Excel で開くには、次の設定を推奨します。
    ただし、一部の特殊記号や絵文字は文字化けすることがあります。

    • フォーマット:CSV
    • 文字コード:Shift_JIS
    • 改行コード:CR+LF

    画面キャプチャ:フォーマットの選択肢が枠線で囲まれている

    Excel で開いたときに 先頭の 0 が消えるときの対象方法は、次のページを参照してください。
    CSV ファイルを開くと、0(ゼロ)から始まる値の 先頭の 0 が消えてしまいます

  6. [エクスポート実行]をクリックします。
    画面キャプチャ:[エクスポート実行]が枠線で囲まれている

ファイルの形式や文字コード、改行コード

ファイルの形式

  • CSV
    データをカンマ区切りで出力します。拡張子は .csv です。
    出力されたファイルを Excel で開く場合には、「CSV」を選択することを推奨します。
    Excel で CSV ファイルを開くときには、CSV ファイルを開くと、0(ゼロ)から始まる値の 先頭の 0 が消えてしまいますも参照してください。
  • TSV
    データをタブ区切りで出力します。拡張子は .tsv です。
  • TXT
    データをカンマ区切りで出力します。拡張子は .txt です。

文字コード

  • Shift_JIS
    日本語と英語を書き出しできます。絵文字や特殊記号は文字化けすることがあります。
  • UTF-8
    主要な言語を文字化けすることなく書き出しできます。
  • EUC-JP
    日本語と英語を書き出しできます。UNIX 系の OS でファイルを開くときに使用します。

改行コード

  • CR+LF:Windows でファイルを開くときに使用します。
  • LF:UNIX 系の OS でファイルを開くときに使用します。
  • CR:Mac OS 9 以前の Mac OS でファイルを開くときに使用します。

Excel で CSV ファイルを開くと、0(ゼロ)から始まる値の 先頭の 0 が消えてしまいます

CSV ファイルをダブルクリックして Excel を起動すると、管理番号など 0(ゼロ)から始まる値では、先頭 0 が消えて表示されます 。
先頭の 0 が消えることを防ぐには、次の方法で CSV ファイルをインポートしてください。

  1. Excel を開きます。

  2. Excel の「データ」タブを選択します。

  3. 「テキストファイル」を選択し、CSV ファイルをインポートします。 Excel の画面例

関連リンク:

results matching ""

    No results matching ""