利用できる関数の一覧

「関数」を使うと、複数の管理項目の値を合計したり、他のビューの値をコピーしたりといった、さまざまな計算ができます。

基本的な使い方

関数は、テーブルの「初期値」と「計算値」に設定できます。
「初期値」に設定すると、データを新規追加したときに関数の計算結果が反映されます。
「計算値」に設定すると、データを編集したときに関数の計算結果が反映されます。

関数の書き方

関数は、関数名(引数) という形で記述します。

引数とは、関数で利用するために渡す値のことです。
関数によっては、引数がないものや複数の引数を指定するものがあります。

関数内のスペースや改行は無視されます。
たとえば、CONCAT('A', 'B')CONCAT('A','B') では、同じ結果が返されます。

引数

引数には、値、管理項目、または関数を指定できます。
関数によって、引数に使用できる値や管理項目が異なります。詳細は、それぞれの関数のページを参照してください。
関数の一覧

関数を指定する場合は、引数に使用できる値の型と、その関数が返す値の型を一致させる必要があります。
例えば、ROUND 関数(四捨五入する関数)は、引数に数値を指定できる関数です。
ROUND 関数の引数には、MULT 関数(乗算する関数)を指定できます。MULT 関数は、数値を返す関数だからです。

値の型

引数に設定できる値の型は、次の 4 種類です。

文字列

引数に指定するとき、値を'(シングルクォート)で囲みます。

例:'Convi.BASE''棚卸し'

数値

例:1231000000

タイムスタンプ

引数に指定するとき、値を'(シングルクォート)で囲みます。
値を指定したくないときは、NULL を指定します。

例:'2021-10-12 12:34:56'

真偽値

例:TRUEFALSE

関数の一覧

四則演算

値の丸め

日付計算

文字列処理

その他

results matching ""

    No results matching ""