インポートとインポート定義の保存

「インポート」とは、CSV等で作成したデータファイルを取り込んでデータの新規登録や更新を行うことができる機能です。

取り込み時に設定した内容は、インポート定義として保存することができます。
インポート定義は、作成したメンバー(「所有者」)と「スーパーユーザー」が削除できます。
インポートファイルを作成する際の注意点はこちらを参照してください。


  1. インポート管理」をクリックします。

  2. 新しいインポート」ボタンをクリックします。

  3. ファイルを選択」ボタンをクリックし、インポートするファイルを選択します。

  4. アップロード」ボタンをクリックします。

  5. アップロードされたファイルの内容が表示されます。
    意図したファイルがアップロードされているか確認し、問題がなければ「次へ」ボタンをクリックします。

  6. インポート基本設定を入力します。設定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックします。

    設定項目内容
    インポート先 データをインポートするビューを指定します。
    選択肢には「参照」「追加」「更新」「削除」権限のあるビューを表示します。
    区切り文字 インポートファイルのフィールド区切り記号を「カンマ」「タブ」「その他」の中から指定します。
    カンマ、タブ以外の区切り文字を使用したい場合は、「その他」に適宜入力します。
    囲み文字 インポートファイルにテキストの囲み文字が設定されている場合に指定します。
    例えば、ダブルクォーテーション(”)で囲まれたファイルを取り込む場合は、「ダブルクォーテーション」を指定します。
    先頭行 インポートファイルの先頭行に項目名が設定されている場合は、「ヘッダー」を指定します。
    先頭行がデータの場合は「データ」を指定します。
    既存データ インポート対象のビューから、既存データを全て削除してインポートするか、既存データを残した状態でインポートするかを指定します。
    なお、「削除する」は、「役割管理」の「機能権限」にて「既存データを削除するインポート定義を作成可能」が有効のユーザーのみ利用することができます。

    ●削除する
    履歴情報を含む全ての既存データを削除してから、データを追加します。

    ●そのまま残す
    既存データを残した状態で、データを追加・更新します。

  7. インポートファイルの項目(ファイル内の列)を、「インポート先」ビューのどの項目(インポート先の項目)に取り込むかを指定します。
    指定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックします。

  8. インポートの内容を確認し、問題がなければ「インポート」ボタンをクリックします。

  9. インポート状況が表示されます。

  10. インポートが完了します。

  11. 今回のインポートの設定内容をインポート定義として保存する場合は「次へ」をクリックします。
    (保存しない場合は、Step12以降の操作は不要です。)

  12. インポート定義の保存画面が表示されます。

  13. 「定義の名前」「公開範囲」を指定し「保存する」ボタンをクリックします。

  14. インポート定義が保存されます。

results matching ""

    No results matching ""