履歴ポリシー

テーブルからデータをメンテナンスした時に履歴を記録するか否かなど、履歴の記録に関する設定を行います。
履歴ポリシーの設定は、「環境設定」の「テーブル設定」から行えます。


  1. 履歴ポリシー」をクリックします。

  2. 履歴の記録」は、物品の新規追加、データの修正、配置場所の変更などのタイミングで、履歴の記録を行うか否かを設定します。

  3. 履歴保持世代数」は、履歴を保持する世代数を指定します。残しておく世代数に制限はありません。世代数を超えて履歴を登録した場合は、一番古い履歴から削除されます。

  4. 履歴種別」は、イベントに対して履歴に記録される履歴種別の名前を指定することができます。対応するイベントに名前を入力します。

  5. 更新する」ボタンをクリックして設定内容を保存します。

results matching ""

    No results matching ""